Mária Andrásfalvy-Brüssing(マリア・ブリュッシング)-バロックチェロ

ブダペスト生まれ。フランツ・リスト音楽大学でチェロを学びソロ・ディプロマを取得して卒業。国際奨学金を得てウィーンへ留学。アルバン・ベルク・カルテットのProf.Valentin Erben に師事する。ウィーンでヴィオラ・ダ・ガンバに出会ってからはガンビスト、バロックチェリストとして精力的に演奏活動を行うとともに、ヨーロッパ各地で古楽講習会等の指導もしている。